Welcome to my blog

花のつばさにのって

BodyTalkというエネルギー療法のCBP(認定施術士)です。あわせてフラワーエッセンスのコンサルテーション     やエネルギーワークのセッションを行うほか高次元からのメッセージもお伝えしています。

 自分にファーストエイド

BodyTalkのアクセステクニックは簡単にどなたでも使うことができます。
そして自分で自分にすることができるのも大きな特徴です。

セミナーに行くと「習うと必ずこれを使う場面に遭遇しますよ~」と講師が言います。
そしてそれは実際そうなのです。
私にもその場面はやってきました。

**************

その日は友達が遊びにくることになっており
急いで片付け物をしていました。

冷蔵庫のドアを開けてものを出し入れしていたら
頭より上の段から直径8センチ高さ7センチほどのビンが
床に落ちてきまして私の左足の親指を直撃。
(ビンには味噌がたっぷり詰まっておりまして~)

(痛ったぁぁぁー)←声が出ません。
思わず座り込みました。
友達を近くまで迎えに行く時間まで後15分です。

さっそく頭部と胸部のタップからはじめて
アクセステクニックのなかのファーストエイドを試してみます。

1回やりましたがなんにも変わりません
(なによー、変わりないじゃん)
そういやー、何度もやりましょうと言っていたよね、と思い出し
2回3回・・・んー、何度やったか・・・5~6回やったかもしれませんね。

そうするうち
徐々に痛みは薄れ、気分も落ち着き
そーっと立ってみたり、動かしてみたり、指を曲げてみたり。

おぉー、だいじょうぶだー。

もう約束の時間ぎりぎりだったので
バタバタと待ち合わせ場所まで自転車こいで出かけることができました。

それから夕方まで足のことなどすっかり忘れ
楽しく過ごしたのですが・・・皆が帰ってから
そういや、朝、大変だったんだよね。と靴下をぬいで見ましたら・・・

爪は変色していませんでしたが
指の部分は赤黒く変色していました。
打ち身の治りかけに見られるような色です。

何もしていなかったときとくらべることはできませんが
これまでの経験やそのときの衝撃の度合いから考えますと
指は腫れ上がって太くなり靴が履けなかったかもしれませんし
歩くこともすぐには無理だったかもしれません。

このテクニックのすごさを実感したとともに
このテクニックに出会えたことそのものに
ありがたいなぁと感じた出来事でした。
**************

IJBA(International Japan BodyTalk Association)

アクセスセミナーなど説明会・セミナーの予定



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment