Welcome to my blog

花のつばさにのって

BodyTalkというエネルギー療法のCBP(認定施術士)です。あわせてフラワーエッセンスのコンサルテーション     やエネルギーワークのセッションを行うほか高次元からのメッセージもお伝えしています。

 フラワーエッセンスに助けられる

こんばんは。
BodyTalk、HearingMessage(チャネリング)をお届けしています、
Chiara⭐︎きあら 松浦美穂です。


セッションを提供するだけではなくて、私自身も何人もの方からいろいろなセッションを受けて常に自分の調子を整えるようにしています。ここのところいろいろ不調で〜(^^;;

自分が受けたセッションの中で最近、共通して出て来た内容が

「憂鬱である」ということでした。

セッションの内容からどうも小さな時からその傾向はあったらしいということに思い至りました。

過去にそうであったということだけでなく
小さい頃からそうであったため、自分が憂鬱であることが当たり前すぎて意識できていない。
本来、もっと明るい気分の時があっても良いはずなのに、気づけていないのではないか。
そんな疑問もわいて来ました。


そこで38種類あるバッチフラワーの中から

マスタード

というレメディーを選んで1〜2週間飲んでみました。

 

マスタードというのは菜の花ですね。

突然襲ってくる憂鬱な気分。どんよりと重苦しい時、そしてなぜそうなるのか理由が見当たらないとき。憂鬱な気分というのはいつ現れるかわからない・・・いつのまにか黒い雲のように自分に重くのしかかりしばらくすると消えていきホッする、そんな状態の時に使います。

知識としては知っていましたし、自分に使ったことはあったのですが、最近は特に注目することもなくノーマークな状態でした。

バッチフラワーニューセラピー
こちらの本は8年くらい前には入手していたのですが
これまで今一つ自分には活用できずにいた本です。

ここのところ改めて読み直しています。


こちらの本では38種類のレメディーをいくつかのグループに分けて考察し、使っていきます。

これを読むことで、マスタードも不意に、突然、やってくる憂鬱な状態に使うというところから一歩も二歩も進めてその憂鬱な状態に至るようになった背景を他のレメディーを通して考えてみることができます。


まだ全てが解消されたわけではないですし、他の種類も飲んでいるので
マスタードの憂鬱な状態が全ての不調の原因だったというわけではないのですが


このところ少しずつ自分の体調が楽になって来て、重苦しい感じがなく動ける場面も増えているということでやはり助けになっていると感じます。長く続いている状態には長く続けて飲むというのがフラワーエッセンスのお約束、でもあるのでこれからしばらく定番化して飲んでみようかと思っています。



BodyTalkなどのセッションを私のところで長く受けてくださっている方の中には
セッションとセッションの間の時期を楽に過ごしていただけるようにということで
このフラワーエッセンスを併用してくださっている方もいます。



私自身が使ってみてとても楽に変化できていますので
フラワーエッセンスはいろいろな状況、セッションと合わせていけるもの
もっとたくさんの方に使ってもらいたいな〜と思います


これから全てのセッションメニューや料金体系を変えていきます。
フラワーエッセンスももっと利用してもらえるようメニューを考えていこうかな〜
詳細はしばしお待ちを。

フラワーエッセンス、もっと早く知りたい方は
お問い合わせのメールアドレスからお願いいたします。 







スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment