Welcome to my blog

花のつばさにのって

BodyTalkというエネルギー療法のCBP(認定施術士)です。あわせてフラワーエッセンスのコンサルテーション     やエネルギーワークのセッションを行うほか高次元からのメッセージもお伝えしています。

 さよならインナーチャイルド

NHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」

今週は最終週。
じっくりと言わないまでも結構見ていました。

以下多少ネタバレを含みます。










このドラマ、主人公つばさがラジオのコミュニティ放送の
パーソナリティーになることを通して成長する姿を描くというもの。

母の家出。母娘三代の確執、父の知られざる過去・・・
そのほかにも脇役たちとそれぞれの家族の葛藤
夢とは?自己実現とは?

ちょっと書いただけでもテーマが重そうで
ドロドロになりそうですが
朝ドラらしく軽くコメディー要素を入れながら
さらりと見せていてなおかつ
せりふは核心をつくものがかなりあり

見終わると元気になれる不思議なドラマでした。

ドラマにはラジオの精という不思議キャラが登場します。
(青年じゃなくおじさんなところがみそ!)
古いラジオから出てくる彼はつばさの内面を表している
それははじめからわかってはいましたが・・・・

今日は。。。そうきたか。。。

傷ついて忘れられないことから開放され
越えられない壁をのりこえ、
自分が大切にしていきたいことに気がつき
もう後は前に進むだけ

ここまでくればもう彼と話す必要はない
ラジオの精はつばさのインナーチャイルドそのもの
癒されればインナーチャイルドは
永遠につばさの前から姿を消える

長年そばにい続けた存在
なくなってほしいつらい思いも
いざ手放すところまでくると躊躇する

「たまには、まだ話したい、消えちゃうなんていやだ」

そんなつばさの姿は
前に進めるとわかっているのに進まない
自分に向き合わなければならないのに向き合わない
治りたいのに治らない
まるで私たちの姿をあらわしてもいるようです。

ラジオの精は天使のような白い羽を
背負子のように背負っているのですが
実はつばさ自身の背にも白く大きな羽があり
もう自分自身で飛ぶことができるのだと思います。
それとも、あの羽つばさにくれるのかな?




誰でもひとは羽ばたける

自分で自由に羽ばたける

そんな翼を持っている

白い翼を持っている

ふわりとおおきく飛べるのは

心が軽くなったとき

どこへ飛ぶのかいつ飛ぶか

あとは自分が決めるだけ

ほんとは自分で知っている





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  さよならインナーチャイルド
  • バッチフラワーレメディの学び仲間さんで、アメリカ発祥のボディートーク (BodyTalk)というセラピーのCBP(認定施術者)でもあるchiara33さんが、NHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」をテーマに、すごくいいメッセージを発信されているので、ご紹介します。よかったら、ど
  • 2009.09.28 (Mon) 09:20 | フラワーエッセンスのある暮らし